制汗剤の効果が高くなるタイミングを知っておくと、その商品の良さを最大限に発揮できるようになります。今回は「制汗剤の効果とタイミング」を中心にお話をしていきますので、ぜひ使用時の参考にしてみてください。

まず、制汗剤の効果を確認しましょう!

制汗剤とは、「汗によって生じる細菌の繁殖を抑え、臭いの原因に蓋をする」というメカニズムを持つ商品です。近年では、女性に嬉しいフローラルや、男性が喜ぶスペアミントの香りをプラスした制汗剤がプラスされ、真夏のエチケットとして愛用する方々が増えるようになりました。

精神的なストレスを抱えていたり、たくさんの汗をかく体調に悩む人は、「大量の汗から生じる臭い」に悩む傾向がありますが、制汗剤のメカニズムを把握することで、良い形で効果が得られると言えそうです。


最適なタイミングは、入浴直後!

制汗剤の効果を最大限に発揮させるには、「入浴後の綺麗な肌に塗布すること」がおすすめです。入浴直後の肌は細菌も洗い流されている状態ですので、「臭いの原因菌の増殖を防ぐ」という制汗剤の作用を上手に発揮できるタイミングとなっています。

制汗剤愛用者の多くは「既に汗をかいてしまっているパーツ」にスプレーなどをする傾向がありますが、この状態は「既に細菌が繁殖し始めている」とも言えますので、有効成分の効果を高く発揮することができなくなってしまうのです。

汗をかいていないのに制汗剤を使うのは、ちょっと不思議な感覚に陥ることかもしれません。

しかし実際は制汗剤に備わった「臭いの予防効果」を高く作用させることに繋がりますので、夜のバスタイムの後に塗布する習慣を付けるようにしてください。


「つけすぎ」は制汗剤のパフォーマンスを下げる!?

制汗剤を使いすぎると、更なる強いパワーを持つ細菌の誕生を促すケースもあるため、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ということを頭に入れておいてください。

各社が定めている回数をきちんと守った上で、「基本的にシャワーの後で使うこと」を心掛ければ、汗によって生じていたさまざまな悪循環の解消に繋がると言えるでしょう。


まとめ

ほとんどの人が勘違いをしている制汗剤使用のタイミングですが、「お風呂の後に塗布する」ということを心掛けるだけで、かなり高い効果が期待できると言えそうです。

制汗剤を使う時間帯を変えるだけで、これまで悩んでいた「臭い」が解消したという口コミもたくさんありますので、気になる人は早めに見直しを図ってみてください。