タイツやストッキングを履いている女性は、「ツン」とした臭いに悩まされるケースが非常に多いとされています。今回は足汗と強烈な臭いが発生する理由について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。


足は一日にどのくらいの汗をかく?

ワキや背中といったパーツの3~10倍もの汗腺が集中する足裏は、1日でコップ1杯もの汗をかく部位として知られています。真夏の猛暑日には、通常の2倍以上の汗をかくこともあるため、パンプスやスニーカーの中は常に大量の汗で蒸れている状態と言えます。

大量の汗をかくことで自己嫌悪になる女性も非常にたくさんいるようですが、皆、同じようにコップ1杯もの汗をかいています。ですから、足汗をかいているのは自分だけではないと思うことで、精神的なプレッシャーによる発汗を防げます。

タイツが臭う原因と日頃から出来る対策!

タイツを履いていると、タイツの臭いが気になっているという女性も多いでしょう。スポンジのように汗を吸収してくれるタイツは、細菌が繁殖しやすい高温多湿の環境となっていることが多いです。

長時間の歩行や立ち仕事などでタイツ表面と足裏が擦れると、剥がれ落ちた角質と汗が細菌のエサとなり強烈な臭いを放つ温床となっていきます。それが原因でタイツからツンとした臭いが発生しているわけです。

靴底と足裏の間で吸汗の役割を果たしてくれているタイツや靴下ですが、長時間放置することで細菌の巣となっていることを頭に入れた上で、毎日履き替える・洗うという習慣を付けるようにしてください。

タイツ+合成皮革の靴は注意が必要!

リーズナブルな価格で購入できる合成皮革の靴には、水分の蒸散が全くできない難点があるとされています。そのため、タイツ+合成皮革の組み合わせで外出を続けていると、靴の中の蒸れによって角質がどんどん剥がれ落ち、たくさんの細菌が繁殖してしまうで注意が必要です。

また靴はタイツのように気軽に洗うことができない難点がありますので、風通しの良い場所に置くなどの方法によって、内部の蒸れや細菌の繁殖を抑えるようにしてください。

常にパンプスを履くのが日常で、パンプスの蒸れや臭いが気になっているという方は、「パンプスを履くと足が蒸れてしまう!原因と足汗対策法を紹介!」も確認して頂けたらと思います。

まとめ

女性の美しい足を演出するタイツですが、実際は細菌の温床になっていると考えて良さそうです。足汗の放置はヌルヌルとした不快感にも繋がりますので、制汗剤などを活用してタイツ内部の環境を改善するようにしてください。

制汗剤の使用は、足汗や強烈な臭いの改善は精神的発汗を抑える作用に繋がることもあるため、相乗効果という意味でも、さまざまな足汗対策にチャレンジするメリットは大きいと言えるでしょう。