足の臭いが強烈な人の中には、「新品のスニーカーでも臭くなってしまった!」と絶望するケースも非常に多いとされています。今回は新品のスニーカーが臭くなる理由を詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

確認!古いスニーカーが臭い理由とは?

長年履いた古いスニーカーから強い臭いが出ているのは、汗や角質などが浸み込み、たくさんの細菌が繁殖しているからという理由です。人間の足は常に汗をかき続けているため、スニーカーの中はサウナに近い高温多湿状態となっています。

高温多湿は細菌の繁殖に最も適した条件となりますので、蒸れたスニーカーの中で繁殖した雑菌によって、どんどん臭いの原因が増大していく結果に繋がるのです。

また、雨で濡れたスニーカーを放置しておくと、それだけでも雑菌が繁殖しやすい状態となるため注意が必要です。

既についてしまったスニーカーの臭いを「完全に消す」のは難しいとされていますが、洗浄や乾燥などの適切なケアを行えば、臭いの原因となる細菌を撃退することは可能と言えるでしょう。


本題!新しいスニーカーが臭うのはなぜ?

既に足の臭いを抱えている人は、毎日履いている靴下やスニーカーに汗や臭いの原因菌を移し続けているイメージとなります。

そのため、どんなに新しいスニーカーであっても、ある一定期間履き続けていれば「臭くなること」は避けられないため、未使用の状態で消臭スプレーなどを使う必要があるのです。

一度繁殖してしまった細菌や臭いはなかなか消えない特徴があるため、「新品のうちに消臭スプレーを使うこと」を心掛けるようにしてください。


必ず靴下を履きましょう!

愛用のスニーカーに汗や細菌を移さないためにも、なるべく消臭効果の高い靴下を履き、汗や角質、細菌を吸い取るようにしてください。

また同じスニーカーばかり履いていると、常に内部が高温多湿の状態となってしまいますので、2~3足の靴を購入し、「スニーカーを乾燥させる日」を設けることをおすすめします。


まとめ

他の靴で強烈な臭いを発している人は、「新しいスニーカーに臭いが移るスピードも早い」と言えそうです。

靴を履くローテーションを変えたり、消臭スプレーや靴下の活用で臭いの原因を抑えることも可能ですので、自分ができることから始めるようにしてみてください。

足から分泌される汗は、緊張やストレスによる部分も大きいとされているため、「細かいことを気にせず、新しいスニーカーを楽しむこと」も臭い対策として重要だと言われています。