足の臭いが酷い人は家族にも迷惑をかけている傾向が高いとされています。今回は家族の不快感を軽減するために「自力で足の臭いを消す方法」をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

消臭スプレーを使う!

足や靴下、靴などに消臭スプレーを吹きかければ一瞬で臭いが解消します。消臭スプレーを玄関先で使えば、「自宅内に不快な臭いを持ち込まないこと」も可能となるでしょう。

常に消臭スプレーを持つ習慣をつければ、会社やお座敷などでも周囲に不快感を与えずに済みますので、エチケットのひとつとして活用してみてください。


制汗剤を使う!

足の臭さの原因となる細菌の繁殖を防ぐには、制汗剤の活用がおすすめです。制汗剤を使っている人は靴の中が蒸れにくくなるため、靴の中に生じる臭いや湿り気などの悪循環が防げます。

また足汗がストップすればフローリングをベタベタにすることもなくなりますので、家庭内を衛生的に保つという意味でも、メリットの高い方法と言えるでしょう。


香水を使って誤魔化す!

消臭スプレーや制汗剤を使っても臭いが取れない時には、濃厚な香りを放つ「香水」を使って家族の鼻を誤魔化してみてください。体臭と似た成分で作られている香水は、意外と足の臭いと馴染む特徴があるとされています。

毎日香水を使い続ければ、「足の臭いなのか?香水の香りなのか?」がわからなくなりますので、どうしても症状が改善しない人には「最後の砦」としてぜひチャレンジしてみてください。


病院に行く!

香水で誤魔化せないほどの異臭がする時には、皮膚科専門医の診察を受けるようにしてください。足の臭いが酷い人は、内臓疾患や糖尿病の可能性もあるため、注意が必要です。

また腸内の免疫機能が低下することで体臭が酷くなるケースもありますので、体の不調箇所を把握するためにも、専門医の診察を受けることをおすすめします。


まとめ

家族を不快にさせる「足の臭い」には、さまざまな原因と対処法が考えられると言えそうです。消臭スプレーや制汗剤は対処療法的な存在となりますが、気軽に始められるという点では非常にメリットの高い商品となっています。

足の臭いが酷過ぎると、食卓の雰囲気までも悪化させることに繋がりますので、自分のライフスタイルに合った対処法を選び、家族の不快感を解消してあげるようにしてください。