パンプスを履いて歩くキャリアウーマンの中には、靴の内部で生じる蒸れや異臭に悩む方も多いでしょう。対策方法は色々あると思いますので、今回はパンプスの蒸れというテーマで情報をまとめました。パンプスを常に履く仕事をしている方は参考になることでしょう!


足汗が出ること自体は普通のことなのか?

足の裏には、たくさんのエクリン汗腺が集まっており、非常に汗の量が多いパーツとして知られています。足裏でどのくらいの汗が出るのかというと、普通の人でも1日でコップ1杯もの汗が出ています。ですので、パンプスの中が蒸れるのは当然と考えて良いでしょう。

足汗や蒸れ、臭いなどをあまりにも気にし過ぎると、緊張感によって更なる汗に悩まされる精神的発汗が生じる結果となります。足汗をかくこと自体は当たり前のことなので、あまり汗を気にせず堂々と生活することが理想的だと言えそうです。

塩ビの靴を履いている人は足が蒸れやすい傾向が!

リーズナブルな価格で購入できる塩化ビニールや合成皮革の靴は、足周辺の水分を封じ込めてしまう難点があるため注意が必要です。塩ビのパンプスの中でかいてしまった汗は逃げ場のないので、臭いの原因菌が好む高温多湿の環境を作り出します

塩ビの靴内部にこもる蒸れが気になる人は、通気性の良さで知られる天然皮革の靴を購入して、今はいているものと交換することで蒸れが解決するかもしれせんよ。

靴下やタイツが問題になっているケースも?

気密性の高すぎる靴下やタイツを履いている女性は、靴の中に熱と水分が籠りやすい状態となっています。これらの靴下は防寒対策という視点では非常に万能なものとなります。

しかし、寒さを防ぐために汗なども閉じ込めているという難点もありますので制汗対策も合わせて行った方が良いと言えます。

特に真冬の靴下は2~3日同じものを履き続けるという人もいるようですが、内部で細菌が繁殖していることを想定すると、毎日きちんと取り替えるのが良いです。

自宅で足を乾かす習慣を身につけよう!

パンプスやストッキングを履くことは、大人の女性のマナーとされているため無理に足を素足にしたりと開放的にすることはありません。

その代わりに自宅に帰ってきたらストッキングや靴下を脱いで開放的な素足になり、これまで蒸らされ続けていた足にお疲れ様と言ってあげるようにしてください。1日1回、足を乾かす時間を作るだけでも、悪臭の原因は抑えられます。

外出する際には足を清潔にすることが大事!

足に菌が付着している状態でパンプスを履くと足汗が原因で雑菌が繁殖してしまい、パンプスやスットキングから悪臭を放ってしまいます。ですから、朝起きて仕事に行く時や外出する時には、まず足を清潔にしてからストッキングやパンプスを履くようにしましょう。

足を清潔に保つためには、お風呂で綺麗に洗うことが大事です。お風呂で足を洗う時間がなくて忙しいという方は、制汗剤を使用して足汗が出るのを抑えることで、パンプスの臭いなども抑えることができます。

スプレータイプでサッと殺菌できる!女性に人気の制汗スプレー


まとめ

多くの女性が悩んでいる足の蒸れは、ほとんどの人に起こっている現象と言えそうです。足汗は気にし過ぎることで更なる発汗が生じる難点がありますので、気持ちを楽にすることから対策を始めてみてください。

もし、リラックスしても足汗が収まらないという方は、制汗剤を使用すると足の蒸れが多少は抑えられることでしょう!