お座敷で食事会をする際に「靴を脱ぐと臭いが漂うのではないか?」という不安に襲われる人は非常に多いとされています。今回は「靴下に浸み込んだ臭いの原因」について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

靴下は足汗を吸収してくれる存在です!

足と靴の間に存在する靴下は、体から出た汗や皮脂、角質を吸収してくれる存在です。足から発せられる分泌物の全てを吸い込んだ靴下は、雑菌が繁殖しやすくなっているため、「靴下が最も臭い」というのは、当たり前のことなのです。

臭いのレベルは個人差がありますが、「誰の靴下でも多少の臭いがあり、衛生的なものではない」ということを頭に入れておきましょう。たくさんの汗と臭いを吸収してくれる靴下を毎日交換することで、足の衛生環境が保たれます。


靴下が臭くなるのは「足の角質」が原因!

靴下のイヤな臭いの原因は、「汗をかいたことによって剥がれ落ちた足の角質」です。足の周辺にいる細菌が「角質をエサにして繁殖した際」に、とても不快な臭いが発生します。

汗だけで臭いを発することは滅多にありませんので、「足が臭い」と気付いたら、細菌が繁殖している状態だと思ってください。靴下の中には剥がれ落ちた角質と雑菌がたくさん吸着していますので、「小まめに取り替え、きちんと洗う」という習慣が必要となります。


靴下の臭いを解消するには?

近年では抗菌・消臭効果のある靴下が販売されるようになり、足の臭いに悩む皆さんが多く購入する時代となっています。

また速乾性の高い生地を使った靴下には、「靴の中の高温多湿状態を回避する作用」がありますので、足の臭いや水虫などに悩む方々に非常におすすめの存在となっているのです。

靴下の中で繁殖する細菌を退治することは難しい実情がありますが、「細菌が発する臭いを抑える」という策を講じれば、安心してお座敷などでも食事ができるようになると言えるでしょう。

靴と靴下の両方に使える「消臭スプレー」を併用すれば、更なる効果が期待できますので、自分のライフスタイルに合ったものを購入してみてください。


まとめ

足から出てくる分泌物を吸収してくれる靴下は、「臭って当然のもの」とプラスに捉えた方が良さそうです。あまりにも強い臭いを発する場合は、「1日に何度も靴下を交換する」という方法もおすすめですので、負担にならない範囲で試してみてください。