足汗から生じる臭いは、多くの人を悩ませる存在です。どうにかして足汗の量を減らしたいと考えている方は多いことでしょう。そこで今回は汗量を抑える方法とグッズをご紹介していきますので、ぜひチャレンジしてみてください。

汗腺トレーニングを行う

毎日コンスタントに発汗している人の手汗足汗には、「エクリン腺から出ている」という理由で臭いがありません。

これに対してあまり汗をかく習慣のない皆さんの手汗足汗は、体内のミネラル分や老廃物が一気に出てしまう難点があるため「無臭のエクリン腺から出ているはずなのに、不快な臭いが漂っている」という状態になってしまうのです。

手汗足汗の臭いを解消するには、汗腺機能を鍛える「汗腺トレーニング」がおすすめです。汗腺トレーニングの方法は非常に簡単で、まず43度ぐらいのお湯に「両手両足を10~15分浸すこと」から始めます。

その後、微温湯に全身を浸して、副交感神経を安定させていくのです。

この方法を毎日繰り返すだけで、手足の汗腺機能が活性化し、次第に「臭わない汗が出る」ようになります。


制汗クリームを使う

汗をピタッと止めてくれる制汗クリームは、足汗手汗対策に最適なアイテムとして注目度を高めています。特に足汗は臭いや水虫など細菌繁殖に繋がる危険性があるため、パワーの強い制汗クリームを塗って、早めの対策を講じる必要があるのです。

制汗クリームは、夜のバスタイムの後に使うとのパフォーマンスを最大限に発揮できますので、毎日のナイトケアとして自分に合った制汗剤を活用してみてください。


五本指ソックスで汗を吸う

指までベトベトする足汗を吸収するには、五本指の防臭ソックスがおすすめです。五本指ソックスは「見た目が微妙」という難点がありますが、スニーカーや靴を終日履いている人なら、特に気にならない存在と言えるでしょう。

これまで指周辺の蒸れや水虫に悩んでいた人でも、指1本1本を包んでくれる五本指ソックスを使えば、足汗による不快感や臭いの予防効果が期待できます。


アロマオイルでリラックスする

精神的なストレスやプレッシャーで手汗足汗が出てしまう人は、アロマオイルを活用して心のリラックスを行ってください。レモンやベルガモットなどのアロマオイルには消臭効果があるため、クリームやローションで足に塗布するだけでも、症状改善効果が得られます。

またクラリセージやペパーミント、ローズマリーのオイルには、制汗効果がありますので、毎晩のフットマッサージの中で「心と足のケア」を行ってみてください。


まとめ

足汗のケアは非常に多様化してきているため、生活の中で気軽にできる方法にチャレンジすることが理想的だとされています。

特に汗腺トレーニングなどは「身体全体の新陳代謝や健康を促す位置付け」となりますので、悩みのない元気な毎日を過ごすためにも、ぜひ試してみてください。